2011年11月13日

涼宮ハルヒの驚愕



私が「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズの文庫の既刊9冊(憂鬱、溜息、退屈、消失、暴走、動揺、陰謀、憤慨、分裂)を読み終えたのが2009年の夏頃。おりしもエンドレスエイトが真っ盛りの夏。

当時の既刊最終巻「涼宮ハルヒの分裂」が一冊で完結しなかったのには吃驚したが(2冊に渡るのはハルヒシリーズ初)早く続きが読みたいと思い、次巻に予定されていた「涼宮ハルヒの驚愕」発売日をネットで検索してみたら、当時から約2年前の『2007年6月1日』が予定されていて驚愕した。。
958331b6

盛大に遅れた理由は色んな説があるけど、それはもういい。「分裂」も眼の前が真っ暗になるような終わりかたで、さらには次巻の発売の目処が全く立ってないことに唖然とした覚えがあります。

その後、ザ・スニーカー2010年6月号に一部先行掲載されたけど、今からすると「何故ここだけ抽出したの?」と思うようなどうでも良い部分だったので、期待はどんどん薄れて行くばかり。ここで発表した「2010年内発売」も「2010[年度]内発売」すら守れず、やっと2011年5月25日に発売。当初の期待もどんどん薄れたけど、ちゃんと読み終わらせたいので購入。結論から言うと、予想は色々と覆させられてしまい、とても面白かった。

(以下、涼宮ハルヒの驚愕の内容を含む)

終盤は「無理にふたを閉じにかかった」ような描写に思えるとこもあったけど(それも伏線となり、いつかどこかに通じてる可能性もあるけど)本当に面白かった。世界の定義がさらっと一変するようなハルヒの世界が戻ってきた感じ。

一度読み終わった後に、もう一度最初から読まないと理解できないだろうと思われる構造であったけど、果たしてその通りで。三冊を最初から再読しましょう、「分裂」を読むのは2年ぶりになるな。

のいぢの絵、カラーはともかくモノクロ絵の方がなんか安定してない。最後の最後まで話が決まらず、もの凄い短時間で描いたのかな?

「驚愕」が既刊と一番異なる点は、長門の影が薄いこと。今までは長門がいなかったら話が立ち行かないものばかりだったので、ちょっと新鮮で残念。もちろん見えないところで色々と動いていたのだろうけど。
それに変わって大きく動いたのが古泉と朝比奈さん(大)。敵か見方か分からないこの二人が顔を合わせたのも初めてかな。




読んでる最中は「アニメ化は不可」と思ってたけど、読み終えた今は「不可能ではないかな」とも思える。時間が一つに収束されていくスペクタクルな流れが、映像でどのように表現できるか期待したい。とはいえ九曜の表情の描写とかは映像化は困難かも。
佐々木がどんな風にしゃべるのかは興味深いし、ヤスミは鬼かわいい。渡橋泰水の正体には愕然としたけど、今から思えばお茶を出す順番がヒントだったのかな。

でも原作でまだアニメ化してないのは、暴走、動揺、陰謀、憤慨か。分裂/驚愕が映像化されるとしても相当先になりそうです。


あとがきには谷川流氏の、大幅に遅れた事に対する平謝りのコメントが。でもとりあえず分裂/驚愕編が完結してくれて良かったですよ。昔の水戸黄門は前後編に分けて2週に渡り放送してたらしいが、お年寄りの方々の「来週までにお迎えが来るかもしらんので、毎週完結してください」という切実な抗議があって、一週完結になったそうな。ハルヒはまだまだ続くと思うけど、とりあえず大きな山は越えました。アニメの方も「消失」で完了するというのも正しい選択肢ではあると思うし。
最後に本編中に古泉の台詞を書いておきましょう「穏やかではありませんね。読書はもっと鷹揚な心持ちで楽しむべきです。たとえどんな駄作でも、きっと後の糧となりますよ。優れた教師は反面教師、という格言もあることですし」(この格言はありません)



Black design
http://www.blackdesign.biz/
http://www.blackdesign.jp/blog_b/


posted by nodame at 03:07| 日記

2009年08月14日

ベルリン・フィル 最高のハーモニーを求めて

f6a2755b.png2005年のアジアツアーのドキュメンタリー映画。
実際の公演の演奏と、インタビューや移動の様子、街の風景などの編集が素晴らしい。
http://www.eurospace.co.jp/
http://www.cetera.co.jp/BPO/top.html


世界最高峰オーケストラのメンバーは、
自信に満ちあふれているに違いないと思っていたが、
映画で描かれているその素顔は全然違っていた。
最高の演奏を常に求められるプレッシャーに苦悩し、
家庭の事と演奏の狭間にイライラし、
後釜を狙う世界中の演奏家に怯えている。

あたりまえのことだけど、神がかったBPOのあの演奏も、
人が作り出すものなんだな、と再認識。
普通にご飯を食べて生活して、その上でなにをするのかということ。
ドイツの頑固という土地柄もあるかもしれないが、
我々には本当に素晴らしく完璧と感じる演奏でさえも
彼らは全然満足してないんですね。
経験を積む事で理解が深まり、楽になると思ってなく、
さらに上を目指すには更に苦しくなると理解して、それでも進んで行く。
それだけの意思と決意と自己犠牲を思い知らされました。



香港でのオフの日のBPOメンバーの過ごし方。
現地のオケとコンサートを開く、
空輸した自転車を組み立ててサイクリング、
公園で蝶を観察し、種の不思議を考察、とバラバラ。
国籍も世代も考え方も全然違う100名ほどの団員、
だからこそ伝統は繋いで行けるのかもしれない。
演奏だけが人生じゃなく、完全に忘れて没頭できる世界を持つという事。
クラシックだけ聞いてるわけじゃなく、
ポップスも聞けばジャズもハウスも聞く。
なにかを作り続けるということが、別の視点から感じられた映画です。


ユーロスペースでの舞台挨拶、BPOホルンのサラ・ウイリスさん。
映画撮影時の四六時中カメラに追っかけられるしんどさを
おもしろおかしく語ってくれました。
http://jp.youtube.com/watch?v=Ms1U7MfSR3s
http://jp.youtube.com/watch?v=F8FkiMHWDls


Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by nodame at 21:14| 日記

2009年03月13日

のだめ連載再開

8634d4eb.jpg作者の二ノ宮氏が出産のため休載中だった、のだめカンタービレが再開。

話がどこで中断していたのか思い出すのに10秒くらいかかる。
確かのだめが不貞腐れてソファーでお菓子ボリボリ食って
ミルヒーとピアノ協奏曲やることになった所かと。

曲の全てをコントロールできるのは指揮者だけだと思っていたが、
もう一人いた、ソリストだ。曲をぶち壊して再構成できるのは。
可能かどうかは別にして。

ドラマ版もそれも実際の曲を聞きながら話が進んでいくし
それほど悪くないのだけど、(一部のキャスティングを除いて)
音が聴こえない漫画は、自分の頭の中で自由に音を奏でられる。
そういう意味では漫画版のが感情移入できるな。


Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by nodame at 17:26| Comment(0) | 日記

2007年08月26日

グッドデザイン・プレゼンテーションへ行く

http://www.g-mark.org/gdp/2007/index.html
Gマークで有名なGood Designのプレゼンテーション/展示会を
ビックサイトに見に行く。

現地につくまで、どういった趣旨のものなのか全然理解していなかった
のだが、選考会というかプレゼンテーションですね。名前のとおりで。
東ホール5と6の巨大なスペースを、1.5m四方のこじ
んまりとした展示台。それはもう膨大な数のプロダクトが並んでおりま
した。
小さいものは消しゴムから、大きいものはシャベルカーまで並べられて
いて、さらに巨大なものとしては東京ミッドタウンなども展示。日常で
接するほぼ全てのモノに、デザインというものが深く関わってることを
痛感する(私はプロダクトデザインの者ではないので、直接のつながり
は無いが)

気になったデザイン
・BALMUDAのつぼ
http://www.balmuda.com/products/c/colony/index.html
パソコンの混乱するコードを収束させるつぼ。別にデザイン的にどうこ
うというものではないが、デスクの下に置かれるつぼのビジュアルがつ
ぼにはまる。
http://www.balmuda.com/images/products/c/colony/colony_157_af.jpg

・パットラス
http://www.nca.or.jp/shinbun/20070420/idea070420.html
透明フィルムを三角錐の形にデザインし、ベビーリーフなどを詰めて流
通・販売する。パッと開けられるトラス(三角構造)の袋だから「パッ
トラス」。
実用性もともかく、野菜がすごく新鮮に見えてくる不思議なデザイン。

・無印のドライヤー
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4945247036985
温風が出てくる口が、外枠が円形で逆さに置いてコンパクトに収納でき
るドライヤー。でもなかはせばまっているのでドライヤーの役目もしっ
かり果たす。



帰りは久しぶりに水上バスに乗る。
http://jp.youtube.com/watch?v=3SAULtbJzvs
http://jp.youtube.com/watch?v=lea5x6kCBcI
http://jp.youtube.com/watch?v=y5wH9AvdGyM

さらに蒲田の「モーモーパラダイス」でしゃぶしゃぶ。
http://r.gnavi.co.jp/a068820/
渋谷店の接客の適当さには辟易したが、こちらは懇切丁寧にお世話をし
てくれる。とてもいい店だ。
http://jp.youtube.com/watch?v=qe544FfEK5s

Black design
http://www.blackdesign.jp/

Black design フォトギャラリー
http://web.mac.com/blackdesign/iWeb/

Black design flickrフォトギャラリー
http://www.flickr.com/photos/blackdesign/

Black design YouTube映像チャンネル
http://jp.youtube.com/user/blackdesignjp

・Black design ご案内パンフレット(PDFファイル)ダウ
ンロード
http://www.blackdesign.jp/single_pdf/BD_catalog.pdf
posted by nodame at 22:22| Comment(0) | 日記

2007年07月19日

九州初上陸、博多の街を堪能!

私の日本国内の最西到達点は広島、今回はそれを更新する福岡の旅。

福岡空港から市内への移動は地下鉄で10分くらい。素晴らしい。
成田というとんでもない空港のおかげで都民からすると羽田は「なかな
か近くて便利だよね!」という感じの存在なのだが、そんなのと比べる
べくもないアクセスの素晴らしさ。

博多の第一印象、やたら交通マナーがよい。黄信号で突っ込んでくる車
がほとんどなく、歩行者に譲りまくりのドライバー多し。まったりした
人が多いのかな〜と思ったが、エスカレータは微妙に速い。明太子屋が
やたらと多い。


・もつ鍋やま中
http://r.tabelog.com/fukuoka/rstdtl/40000002/

味噌味のモツをいただく。今までのモツ鍋の概念が覆すような旨さでし
た。野菜もおいしかった。鍋の後はちゃんぽん。値段もかなりリーズナ
ブル。内装は普通の和風なのだが、トイレが異常に前衛的。

・水炊き長野
http://rp.gnavi.co.jp/sb/3007998/
入り口には玉砂利が敷かれて趣深いお店。はじめは鶏出汁の旨みが詰
まったスープを一口、とても味わい深い。突き出しの酢もつ、鍋は四つ
身、ミンチ、とり肝、野菜とポン酢でいただく。素晴らしい。仲居さん
が何から何まで鍋奉行してくれる。

・博多ラーメン、時間がなくて一軒しかいけず。祇園のうま馬。昔なが
らのとんこつラーメンらしく、なかなか濃いスープと細くて平べったい
麺を堪能。餃子もなかなか。

・美術館で大竹伸郎展を見る。直島の船の作品しか知らずにいったの
で、そのぶっ飛びぶりにびっくりしますた。
http://www.fukuoka-art-museum.jp/jb/html/jb01/2007/ohtake/ohtake1.html

・美術館は大きな池に沿って駅から十分くらい歩く。なかなか気持ちよ
いロケーションなのだが直射日光が強い季節はちょっとへばる距離。


・やまかさには間に合わなかったけど、商店街の一角にやまかさ(の残
骸??)がおいてありました。また「やまかさ専門店」がありました。
グッズなどを売ってる模様。

・仏具屋さんが多いような印象

・飛行機はボーイング777-200、行きはエコノミー席にも個別の
テレビ付き。機外カメラと現在位置GPSを楽しむ。帰りの便には
ついてなかったが座席がRECARO。

・帰りの便を待つ間、福岡空港屋上の展望室(なんとエアコン完備!)
で離発着や荷物の積み降ろしを楽しむ。飛行機コンテナの積み降ろし、
極めてシステマチックに考えられて作られていて、上下移動は機械がや
るけど左右の移動は人の手で軽く押せ、方向転換もスムーズでなんか楽
しそう。

・帰りの飛行機で関空とセントレア中部国際空港を見る。

・東京に帰ってきて、その寒さ(五月上旬の気温)にびっくり。また
人々の歩く早さにびっくり。


・グラフィックデザイン/広告制作のご用命は、
 経験豊富なデザインプロダクションのこちらへ
Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by nodame at 22:59| Comment(0) | 日記

2007年07月11日

キナ臭くなるF1サーカス

・フェラーリ、マイク・コフラン(マクラーレン)を正式に告訴
・マイク・コフラン夫人も関与
フェラーリはこれまでコフランの自宅の家宅捜索の裁判所命令を勝ち取
り、彼の自宅で文書が発見された。トッツィは、コフラン夫妻は「これ
ら文書を取得し、彼らにはその資格がないことを知りながら手元に置い
てコピーした」ことで「みっともない」行動をとったと述べた。彼はま
た、印刷屋がもたらしたと噂されている内報がなければ、フェラーリが
この件を知ることがなかったことも明らかにした。

徐々に登場人物が増えて行くステップニーゲート。真実はもう永遠に出
てこないだろうなあという印象。


・バーニー・エクレストン、新たな政治スキャンダルの中心に
10年前バーニー・エクレストンが英国政府に「寄付」した秘密の
100万ポンドを巡って、再び政治論争が起こりかけている。ブレアの労
働党は、この寄付金がF1におけるタバコ広告に関する政府の決定
と関連づけられたため、エクレストンに返金した。

10年前か。まあ結果的にタバコ広告は禁止になっちゃったけど。

・バーニー・エクレストン、レッドブルにトロ・ロッソの売却要請「な
ぜ2チームを所有しているのか理解できない。1チームに集
中すべきだ」
確かにねえ。宣伝効果が倍になるわけでもなく、でも予算は倍。エナ
ジードリンクだけでなんでやっていけるのかよくわからんわ。

・スパイカー,アルバースの更迭を確認
チームはアルバースに対して巨額のスポンサー・マネー持ち込みを期待
していたが,4月の振り込みを最後に入金が途絶えていたため,あえな
く解雇という最悪のかたちとなった。今後は後任のドライバー捜しをす
ることになるが,既に多くのドライバーが名乗りを上げている。
・アルバース,法的措置を検討へ
シーズン末までの契約を結んでいたが,資金持ち込みに関する特別条項
に抵触しての契約解除となっており,これを覆すのは困難となる可能性
が高い。


よくある光景ではあるが、、まあしょうがないわな。

・カーティケイン,もし復帰できれば嬉しい
これに乗じてなぞのインド人復活ですか?



・レッドブル・レーシングのドライバーでF1のプレイボーイ、デ
イヴィッド・クルサードはベルギー人のフィアンセ、カレン・ミニエと
結婚する。今週末クルサードは2008年3月カリブ海の某所
でカレンと結婚することを宣言した。

先生、やっとこ年貢の納め時ですか!おめでとうございます。でも昔の
ように破棄して慰謝(略

・クルサード、モナコのホテルを7,000万ドルで売却へ
結婚資金の調達ですか?


・イギリスGP終了後のフェラーリタイヤ
風洞が壊れていた2週間超の期間と不調だった時期がだぶっていて、復
調するのに要したのがちょうど風洞が直ってから開発したパーツの投入
時期とだぶるのね。分りやすいというか、微妙だなというか、ホント毎
戦新パーツを入れないと負けるのねF1って。怖いわあ。
http://www.i-dea21.jp/kensawa/index.php?e=46

表面についてる天かすみたいなのは、チェッカーを受けた後のパレード
ラップで重量を重くするために拾ってきたタイヤカス。その下のタイヤ
表面が恐ろしくキレイ。左フロントタイヤだけど、アウトサイドをちゃ
んと「使い切って」終わってるし。





Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by nodame at 12:37| Comment(0) | 日記

2007年07月08日

07F1イギリス土曜予選

・ライコネンさん、空気読み過ぎ。先生二台目となるか?

・ハミルトン運にもめぐまれ、当たり前のように母国GP初ポー
ル。観客の熱狂っぷりはすごいわな。ピットロードにまでどかどか出て
行く父ハミルトン。

・アロンソ、残りレース数とポイント差とマジックを計測できるクレ
バーなドライバーだと信じているが、そうした走りをしてるとそろそろ
ヤバいような。。もしも今年の結果が「二位でもいい」とか考えてた
ら、後年の彼の評価は恐ろしく低くなるよ(とはいえ、F1ドラ
イバー全体がそのような思想に陥りつつあるのが恐ろしい所だが・・)
2番手3番手も評価してしかるべきだが、本質的にモータースポー
ツにおいて二番手以下は全て「負け」だからね。

・まだ契約残ってたんだか、山田優登場。アグリたんのインタビューは
BGMが五月蝿い。

・さすが伝統のシルバーストーン、レッド5のマンセルにヒルに
スチュワート御大までフジ地上波に登場ktkr!。

・バトンとかアンソニーは母国ということで優遇されてるが、契約延長
が決まったクルサード先生についての談話がないのはどうゆうことか?

・フェラーリ、前輪にもホイールカバーを付けてくる。効果絶大なんす
かねえ?

・シルバーストン 初日から記録的な観客動員
モータースポーツの文化レベルにおいて、本当に突出した国だもんね。
悔しいけど。一人のスーパースターが出てくれば、「遠いとか、設備が
古いとか、雨が降るとぬかるむとか」そういう全てを払拭して熱狂する
お国柄。そうした全てがうらやましい。

・パドックに集合住宅のタバコ族のよな建物のあるシルバーストーン萌え

・超高速のセクター1、超低速のセクター3のシルバース
トーン萌え。死ぬまでに一度は見たいグランプリだよねえ。

・アロンソ、髭が濃い。山ごもりでもしてきたんでしょうか??

・看板をよく見かけるSantander、サイトはここだが、
http://www.gruposantander.es/
なにしてる会社なのか、よくわからん。。


・ラップスター、F1チームを買収?
現在チャンピオンシップを率いているルイス・ハミルトン(マクラーレ
ン)はショーン・コムズ(“ディディ”や“パフ・ダ
ディ”、“P・ディディ”といったMCネームでも知られ
る)とともにイベントに参加したが、コムズが新しいチームオーナーに
なるのではという憶測が流れているのだ。彼がプロデュースした新しい
香水のブランド“アンフォーギバブル”の発表会で、コムズ
は“F1のチームを買収することを真剣に考えている”とコメント
したのだ。しかし、この発表会がロンドン中部で夜間に行われ、
2,000万ドル(約24億円)分のシャンパンが振る舞われたことを
考えてみれば、この発言は驚くようなことではないだろう。

約24億円のシャンパンって、どんだけですか??とはいえ
F1関連ニュースととらえれば、別に的を外した報道では無い。

・ウインブルドン女子シングルス、第23シードのビーナス・ウィリア
ムズ(米)が、第18シードのマリオン・バルトリ(仏)を6―4、6
―1のストレートで下し、2年ぶり4度目の優勝を飾った。

明日の英国のスポーツ新聞の見出しがどちらになるか心配だ。まあハミ
ルトンだろうけど。負けたとはいえバルトリ、凄い面白いテニスした
な、伏兵っぽさ全開で。対戦相手の体力を奪って最後で勝つ!みたいな
感じ。またいつかグランドスラムの決勝でみたいものです。
男子はお馴染みのフェデラーにナダル。ナダルに勝って欲しいけど、芝
だし賭けるんだったらフェデラーに全部だよね。



Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by nodame at 03:06| Comment(0) | 日記

2007年07月06日

バーキン

日本再上陸のバーガーキングに行きました。ワッパーチーズを注文。
http://www.burgerkingjapan.co.jp/

まずデカい。手に持つと熱い。直火で焼いたハンバーグ、しゃきしゃき
レタス、でっかいピクルス、ちゃんとしたお店で食べるハンバーガーの
ようなお味でした。


・グラフィックデザイン/広告制作のご用命は、
 経験豊富なデザインプロダクションのこちらへ
Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by nodame at 16:44| Comment(0) | 日記

プリンス、新聞のおまけにCD

http://www.barks.jp/news/?id=1000032647

UKではプリンスのニュー・アルバム『Planet Earth』を、英国の
新聞『Mail On Sunday』の“オマケ”として配布されることが決
まり、議論を呼んでいる。来月スタートするプリンスのUKツアー
のチケットにも無料でついてくる。
「(プリンスが一時期名乗っていた)The Artist formerly known as
Pince(かつてプリンスとして知られていたアーティスト)は、こんな
ことをしていたら、すぐにArtist formerly available in record
store(かつてレコード店で売っていたアーティスト)になってしまう
のをわかっているはずだ」『Planet Earth』がオマケの『Mail
On Sunday』は7月15日に発行される。

誰の誰による誰のためのプロモーションなのかすら、もはやよくわから
ん。でもまあ、イギリス在住だったらこの日だけのために新聞とって
やってもいい気になるよねえ。洗剤なんかよりも遥かに。


・宣伝広告デザイン:専門用語辞典
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/dic_00.html
宣伝/広報・広告・デザイン業界でよく使われる用語を集めた専
門用語辞典です。
webや新しいメディアの用語も随時追加していきます。
posted by nodame at 00:12| Comment(0) | 日記

2007年07月02日

N700系新幹線に乗りました

大阪に観劇に行く。その帰り、最終の東京行きのぞみが新型の
N700系新幹線でした。
http://n700.jp/

まずホーム、到着をまちわびる鉄チャン達が退去してカメラを向ける異
様な光景。この時点でやっとこ「あ、新型ってこれか!」と気付く。さ
らにはバブル期よろしく最終の新幹線ホームで抱き合うシン○レラエク
スプレスカップル。

キズ一つない、まっさらの新車にのれる贅沢!こんな体験初めてです。
「一番列車に乗り込む人々」とかニュースで流れるけど、その気持ちが
ちょっとわかりました。

・全車両禁煙。ところどころに喫煙ルームがあります。
・照明が大きい。とても明るい車内。
・全面の電光掲示板が巨大化。後ろの席でも確実に読めそう
・グリーン車(通っただけだけど)ゆったりとした座席、読書灯がつい
てる
・トイレ部分の通路、なだらかなカーブを描く
・新幹線の線路、直線部分はあまりなく、なだらかなカーブを描いてる
部分が非常に多い(直線の用地取得が困難だったからだと思われる)現
行新幹線は、車体を傾けが感じられてカーブを曲がってる感じがする
が、N700系は傾きをほとんど感じない自然な乗り心地。
・東京-新大阪が5分短縮、2時間25分。たった
5分だけど、毎日膨大な人数を運んでいる新幹線だから、その効果は大
きいよね。土曜が下り現行、日曜に上り新型で移動したので、その速さ
も実感できました。


・宣伝広告デザイン:情報源
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/i_1.html
グラフィックデザイン/広告業界で良く使われる情報をまとめた
宣伝広告デザイン情報源ポータルサイトです。どうぞご活用ください。
posted by nodame at 02:14| Comment(0) | 日記

2007年06月29日

ステッカー

GROOVE LINEからステッカーが届く。HMVスタジオ行ってもタイミ
ングが悪く一枚も持ってなかったので非常に嬉しい。
http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

でも、どのネタに対してのプレゼントなのかは、さっぱりわからん。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by nodame at 16:21| Comment(0) | 日記

2007年06月27日

急にいそがしく

なんとかの法則じゃないけど、夏休みの日程を定めると、それを阻止す
るかのように忙しくなるんだよなあ。

・宣伝広告デザイン:専門用語辞典
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/dic_00.html
宣伝/広報・広告・デザイン業界でよく使われる用語を集めた専
門用語辞典です。
webや新しいメディアの用語も随時追加していきます。
posted by nodame at 21:37| Comment(0) | 日記

2007年06月23日

PodCasting

私はラジオばっかり聞いてるので(外出中も携帯ラジオ、地下鉄の中だ
けiPod使うくらい)あんまりiPod使わないんだけど、やっ
とこ使ってみましたPodCasting。てゆかJ-WAVE GROOVE
LINEのPodCastingを聴くためだけどw。予想以上に面白い
なあ。毎週金曜更新中。

GROOVE LINE PodCasting
http://pod.j-wave.co.jp/blog/gl/
posted by nodame at 00:09| Comment(0) | 日記

2007年06月20日

住所パワー

http://www.ichiten.com/
コンテンツ制作などを行なうバランステクノロジーは19日、
住所をもとに当該地域の利便性を点数化するサービス「住所パワー」を
開始した。利用は無料。
住所パワーは、入力された住所付近(半径1.5km以内)に点在す
る飲食店、銀行、コンビニエンスストア、スーパー、駅、書店など
15種類の施設から、利便性を測定し、点数化する。施設ごとに固有のポ
イント数が付与されており、その合計数を住所パワーとして算出する。

2,765ptでした。スーパーが充実、映画館は0。でも1.5km
圏内はちょっと広すぎるかなあ。近い遠いでもポイントの差を付けて欲
しいな。
posted by nodame at 10:58| Comment(0) | 日記

2007年06月16日

香港点心飲茶 Le Parc恵比寿

飲茶の店に行く。
http://r.gnavi.co.jp/g212700/

エビ餃子、小龍包、カニ爪のエビ衣揚げ、鮭の炒飯などを食す。



・グラフィックデザイン/広告制作のご用命は、
 経験豊富なデザインプロダクションのこちらへ
Black design
http://www.blackdesign.jp
posted by nodame at 00:07| Comment(0) | 日記

2007年06月12日

見積もり

独立して仕事していると、見積書も自分で額を決めて書かなきゃならな
いわけで、初期の頃も毎回悩んでたけど未だに難しい。ただ最近は大学
の同級に某企業宣伝部に在籍してる奴がいて、そいつに「一般的な相
場」を聞いてみることが多い。

もちろんクライアントの規模や業種やスタンス、トレンドや景気の動向
に左右されるわけで常に変動しているものだけど、原点が定まればそれ
を基準に考えられる。もちろん案件ごとに「いい値!」を出せるように
日々努力はしております。


・価格対効果に優れた広告・パンフ・カタログ・SPツール等の制
作は
 経験豊富なデザインプロダクションのこちらへ
Black design
http://www.blackdesign.jp
posted by nodame at 23:36| Comment(0) | 日記

2007年06月07日

スーツ

スーツをひさしぶりに新調。
暑いけど地道に営業します〜
posted by nodame at 21:05| Comment(0) | 日記

2007年06月06日

Shade9.1へ

3DソフトのShadeが9.1にバージョンアップ
http://shade.e-frontier.co.jp/support/910fixed.html

細かい不具合の対応と、全体的なスピードアップ。
旧バージョンでレンダリングした画像があったので、それを9.1
でもやってみて時間の比較。

rietveld_image22.jpg


ラジオシティ1200×900
旧:22分
新:14分半

約35%のスピードアップ!アップデータごときでここまで速くな
るとはびっくりです。


・Black design
http://www.blackdesign.jp

・宣伝広告デザイン:専門用語辞典
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/dic_00.html

・宣伝広告デザイン:情報源
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/i_1.html
グラフィックデザイン/広告業界で良く使われる情報をまとめた
宣伝広告デザイン情報源ポータルサイトです。どうぞご活用ください。
posted by nodame at 19:23| Comment(0) | 日記

小津映画 カットの平均秒数、場面ごとに統一

96504355.jpghttp://www.asahi.com/culture/update/
0602/TKY200706020175.html

日本を代表する映画監督の小津安二郎(1903〜63)が、
映画を構成する最小単位である「カット」の平均の長さを場面ごとにそ
ろえていたことが、 東京工業大の佐藤大和・特任教授(音声言
語処理)の分析でわかった。 各場面を締めくくるカットを調整
弁にしており、小津映画の魅力である「心地よいリズム」の源ではない
かという。
「麦秋」(51年)と「東京物語」(53年)はカット数が各800弱
で、1カットの長さは平均9.7秒と10.4秒。
「彼岸花」(58年)と「お早よう」(59年)、「秋日和」(60
年)、 「秋刀魚の味」(62年)はカット数が802〜110
3で、平均の長さが6.8秒か6.9秒だった。
さらに、それぞれの作品の場面ごとに分析したところ、前の2作品は1
カットの長さが平均10秒前後、 後の4作品は6.5〜7.0
秒でそろっていて、各作品で最初から最後まで一定のリズムを刻んでい
ることがわかった。
小津映画は、会話の場面では登場人物が1人ずつ話すアップのカットの
後、全体の状況を説明するカットで締めることが多く、
このカットが調整に使われていた。例えば1カットが平均7秒の作品の
場合、3人の人物が順に7秒、3秒、5秒としゃべると、
全体状況のカットを13秒にして、4カットからなる場面の1カット平
均の長さを7秒にしている。
「小津安二郎の芸術」などの著書がある映画評論家の佐藤忠男さんは
「新しい着眼による面白い研究だ。 小津は形式美を重んじ、映
画の編集ではフィルムのコマ数まで細かく指示していたと聞
く。 それが数量的にも裏付けられた」と話している。



これが計算の上なのか、ただ心地よいタイミングを追求した結果なの
か、今となっては分からないけど、一つのもの創るということの厳密さ
を思い知らされる事実。もちろんこれだけじゃなくて、他にも無数の魔
法が小津映画には詰め込まれてるんだろうけどね。


・グラフィックデザイン/広告制作のご用命は、
 経験豊富なデザインプロダクションのこちらへ
Black design
http://www.blackdesign.jp

・宣伝広告デザイン:専門用語辞典
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/dic_00.html

・宣伝広告デザイン:情報源
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/i_1.html
グラフィックデザイン/広告業界で良く使われる情報をまとめた
宣伝広告デザイン情報源ポータルサイトです。どうぞご活用ください。

・Black design ご案内パンフレット(PDFファイル:
7MB)ダウンロード
http://www.blackdesign.jp/single_pdf/BD_catalog.pdf
posted by nodame at 00:40| Comment(0) | 日記

2007年06月02日

ハミルトンにフェラーリ移籍説



たった5つのレースにしか出場していないが、イギリス人ルー
キーのルイス・ハミルトンがフェラーリへ移籍するというショッキング
な話題が取りざたされている。チーム代表のロン・デニスは、巨額の費
用でジュニアクラスレースからハミルトンを入手したが、彼との長期契
約(2011年頃まで)には言及していない。イギリスの新聞『The
Times』によれば、ハミルトンと有名なイタリアチームの将来的な関係
をほのめかす“多くの推測”があるという。
モーター・レースの担当者、エドワード・ゴーマンの記事によると「キ
ミ・ライコネンが退陣することが前提となるが、パドックではハミルト
ンのフェラーリへの移籍が既に保障されていると見られている」とのこ
と。ゴーマンは、ハミルトンの年棒について、2007年の50
万ドル(約6,000万円)からフェラーリでは4000万ドル(約
48億円)、またそれ以上にあがる可能性があると付け加えた。


うーん、ライコネンの不調はブリヂストンタイヤへの不慣れさらには
「ミハエル・シンドローム」のせいと言われてるし、まだ時期尚早じゃ
ない?と思うけど、来年・再来年のドライバー市場でハミルトンが最高
値で売買される事は(マクが許せば)疑いようもない事実。年棒
50億か、ミハエルもタイガー・ウッズも超えかねない脅威の値段だが、
高いとは思わない。

ただ、ハミルトンはマクラーレンのカラーに合ってるようなドライバー
のような気もする(どこのチームにも順応できるような気もするが)遅
くとも再来年、早ければ今年ワールドチャンプを狙えるチームに在籍し
てるからねえ。もちろん移籍する事でギャラは跳ね上がるがジュニア
フォーミュラから育ててもらった恩義とかしがらみとか考えると、すん
なり移籍するのかなあ?
posted by nodame at 03:40| Comment(0) | 日記